残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

R/C/T 残像メンタルトレーニングの新着情報

株式会社スポーツスタイルと提携しました!

2011年02月28日

この度、スポーツ遺伝子テストを行っている、スポーツスタイル社と提携することとなりました。

株式会社スポーツスタイル
株式会社スポーツスタイル

今後は連携して様々な点で協力していきたいと思っています。
詳しくはこちらを御覧ください。

スポーツ遺伝子テスト
※画像をクリックするとPDFが開きます。

スポーツ遺伝子テストの詳細

NHKの「追跡A to Z”金メダル遺伝子を探せ”」を始め、多くのメディアで紹介された 『ACTN3スポーツ遺伝子テスト』を提供している株式会社スポーツスタイルが、 2011年1月からバージョンアップした『スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3』を新たに導入。

当テストは、2003年にオーストラリアスポーツ研究所とシドニー大学、オーストラリア国立大学が、50人のオリン ピック選手を含む300人以上のトップアスリートの検査を通して共同開発。その後、メルボルンの遺伝子検査会社ジ ェネティック・テクノロジーズ社(GTG社)がテストシステム全体を買い取り、国際特許を取得。2005年にスポー ツスタイルが、日本における総販売代理店契約を締結し、これまでに日本人トップアスリートをはじめ、大学・実業 団スポーツチーム、幼児・小中高生まで様々なスポーツ種目に関わる幅広い層の方の検査を行ってきた。

スポーツ遺伝子テスト・ベーシック3の概要

従来の ・ACTN3遺伝子(筋肉特性)に加えて
・ACE遺伝子(持久力特性)
・UCP2遺伝子(省エネ特性)を検査。

各アスリートの運動特性をより詳細(27タイプ)に把握する事 ができ、検査結果を適性競技・種目、トレーニング方法、コンデ ィショニング調整法、食事法などに活かせ、アスリート本人 また監督・コーチにとって有効な遺伝子データを提供する。

尚、検査結果に従い種目を「選別、特定」してしまうのではなく 可能性を見つける為の手段としてお薦めする。

現役アスリート以外、このテストの活用方法として

(1) 小さなお子さんを持つ場合

折角良い素質を持ちながら、その能力の可能性に気づかない場合もあります。しかしこのテストでお子様が生まれ ながらに持つスポーツの潜在能力を知る事が出来ます。お子様がスポーツの種目に迷ったり、記録が伸び悩んでい る時には、このテストでスポーツ遺伝子を知り、参考にしていただく事により最大限の可能性が広がります。

(2) 監督コーチなど指導者の場合

選手の体質には個人差があります。例えば同じトレーニングメニューを課しても、その効果が出やすいタイプや出に くいタイプ。またトレーニング後の疲労が抜けやすいタイプや抜けにくいタイプなど、選手によってさまざまです。 このテストを実施すれば選手個々人のスポーツ遺伝子が把握でき、どのようなタイプなのかを見抜く事が可能となり ます。選手それぞれの体質に合わせてオーダーメイド的なトレーニング指導が出来ることになります。

R/C/T残像メンタルトレーニングとの接点

スポーツ遺伝子テストにより「体が持つ特性」を27種に分類された選手たち。それぞれの特性を考慮した上でフィ ジカルトレーニングをオーダーメイドするだけではなく、 メンタルトレーニング分野においてもオーダーメイド的要 素を含んだトレーニング方法を考え出す事で協力体制をとっていく事。 理論の場でも、実践の場でもそれが完成され る事で一流のアスリートを構築していく「心」と「体」が出来上がります。 後は五感、感性を磨き、創造性が溢れる 個性の世界「技」をものにさせる事で「心技体ピークパフォーマンス状態」で常時試合に望める事となるのです。