残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

残像メンタルトレーニング入門

リラックスとは?

リラックスが必要とされる場面には二つあります。
一つは脳も筋肉も弛緩させ休息に入る、いわゆる就寝前に必要なリラックス
二つ目は、脳は覚醒し、体の力は漲り、これから自分にとって「大事な事をやるんだ!」と言うモチベーションが全面に出過ぎてしまい・・・
いわゆる緊張しすぎている時に必要なリラックス

リラックス

ここでの話は当然の事、後者の場面で必要なリラックスです。
このリラックスが必要な場面は数限りなく存在するはず。
・大勢の人の前で話をする。
・ピンチになり頭が真っ白になっている。
・数少ないチャンスを今自分の物としたい・・・・・

要はリラックスするという事は、混乱した自分の感情を落ち着かせ、入ってくる情報を的確に整理するなどいわゆる「平常心」になる事なのです。

またこの緊張し切った感情をコントロールする場合に必要なリラックスは「脳」のみをリラックスさせるのではなく、同時に「体」のリラックスが伴うとより「平常心」になれるのです。

「残像メンタルトレーニングメソッド」で脳のリラックスを求める前に、腹式呼吸、筋肉弛緩法を行って、身体をリラックスさせるとより効果が上がります。

たとえば私たちがトレーニング指導しているスポーツの現場では、緊張しきって、頭が真っ白になりかけている選手に対し大きく腹式呼吸をさせ、両手両足をブラブラさせて力を抜かせ、飛び上がったりさせながら脳に違った刺激を与え、そして目的別残像カードを見せる、また想起させるという方法を取っています。

 

集中力とは?

 

残像メンタルトレーニングとは?