残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

残像メンタルトレーニング入門

集中力とは?

「君は何をしても間違いばかり!先生の言っていることを本気で聞いているのか!」
「お前にはだいたい"集中力"というものがない!」・・・・
このような罵声を教師や両親からかけられた事はないでしょうか。

つい最近もあるスポーツ指導が行われている現場で同じような罵声を聞きました。
「お前には集中力と言うものがあるのか!」・・・と。
その叱られている選手は「集中力」と言う要望に対してどうして良いか解らないと言った感じで、右往左往していました。
今も昔も「集中力」という言葉はあいまいで抽象的な叱咤激励時によく使われます。

では集中力とはどういうことなのでしょうか。
アメリカのオリンピック委員会のスポーツ心理学者リチャードスイン博士は実に的確に言い表しています。

《 集中する、と言う事はただ一つの事に対して脳も体も一体となって注意を向ける事である。しかし注意を向ける事だけならば非常に簡単なのだが、その注意をずっとし続けることはなかなか出来ないもの。そこで"集中力"とは脳も体も一体となって、一つの事に対して「注意し続ける事」である。》

この場合の"集中力"はいわゆる何事にも諦めない、粘り強い「集中持続力」の事です。

集中カード

不思議な事に残像メンタルトレーニングを継続していると「残像」が見えている時間が長くなってきます。
始めは10秒ほどでも毎日行っているとランダムにだが15~20・・・~90秒と長くなってくるのです。
実験の結果、「残像持続時間」と「集中持続時間」は比例すると言う結果が出ています。

自分の持っている素晴らしい「目標」の達成の為、集中持続力を伸ばし何事にも諦めない自分を作っていきましょう!

 

(集中には「一点集中」「周辺集中」、「内的集中」「外的集中」、「左脳集中」「右脳集中」などがありますが、これらの詳細は残像メンタルトレーニングのセミナーでお話しいたします。)

 

リラックスと集中の関係

 

残像メンタルトレーニングとは?