残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

残像メンタルトレーニング入門

リラックスと集中の関係

この世にあるもの全てに「裏」「表」があります。
それも表と裏は全て同じ形であり、同じ面積があります。

例えば、500円玉の裏は、当然のごとく表と同じ形で、同じ大きさです。
良く効く薬は、大きな副作用があり、あまり効かない薬は副作用もあまりありません。
大きな木には、大きな根が存在し・・・男と女・・・年間を通じての昼と夜・・・
不思議な事に、これら全く相反するもの同士が一つになって、凄いエネルギーを出している事を知っていただきたいと思います。
言い換えればこれらの事象は自然の摂理ともいえます。

これと同じ事が、「リラックス」「集中」の関係でも見ることが出来ます。

「リラックス」と「集中」は同じ大きさでなければなりません。
言い換えれば、「100リラックス」していれば「100集中」出来るという事です。
反対に「100集中」した後は「100リラックス」しておかなければ、脳は健康で保てません。
これが狂い、集中に重きを置き続ける生活をしているとストレスがたまり体に疾患を生じさせる事となります。
反対にリラックスばかりに重きを置いた生活を続けると、脳や五感は正常に働かず反社会的な人間になってしまいます。
リラックスと集中はいつも同じ大きさで体感するように心がける事が大事なのです。

リラックスと集中の関係

 

リラックス、集中、目標の関係

 

残像メンタルトレーニングとは?