残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

残像メンタルトレーニング入門

残像メンタルトレーニングと脳波の関係

通常一般成人が目を閉じると、リラックスしている状態を表す脳波である「α波」が出現します。しかし、残像を見ているときに脳波を測定すると、「α波ブロッキング」と呼ばれる、非常にまれな変化が現れます。

リラックス残像を見ているときには「α波減弱波・ミッドα波」が出現し、集中残像を見ているときには「Fmθ波」が出現するのです。(下図参照)

残像メンタルトレーニングと脳波の関係

 

■ベータ(β)波 …日常、目を開けての活動時に計測される脳波

■アルファー(α)波 …目的対象物がなくなり、リラックスした脳波

■α波減弱波 …より深くリラックスしたときに出る脳波

■Fmシータ(θ)波 …目的対象物により深く一点集中したときに出る脳波

これは精神活動が高まっている状態で、一種の集中状態と見ることができます。
このことからも、残像追跡が注意集中トレーニングに用いることが有効であることがわかるのです。 

 

残像メンタルトレーニングのやり方

 

残像メンタルトレーニングとは?