残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

残像メンタルトレーニング入門

スポーツ選手も使っている

高校野球や、プロのスポーツ選手の間でもたくさん使われています。現役選手に関しては実名は挙げられませんが、引退したスポーツ選手では、松岡修造などが残像メンタルトレーニングカードを用い、輝かしい功績を残しています。

R(リラックス、平常心)=リラックスして緊張、雑念、不安感を取り払い
C(コンセントレーション、集中)=脳のエネルギーを一点に集めきり
T(ターゲット、目的)=目的を再認識し、
その目的達成の為の状況判断を間違いなく行ってから・・・・・・・・
実践的な思考、行動に移っていくのです。

残像メンタルトレーニングを使う日本代表選手

何かの目的を遂行する前に、この思考順序を確実に踏む事によりスポーツ選手は自分の持つ“力“を100%発揮でき、怪我もしない。ビジネスマンは仕事上での失敗や間違いが少なくなります。

残像カードを使い、この順序に沿った思考へとスムーズに誘導していきます。
それが、私たちが啓蒙する「R/C/T残像メンタルトレーニングメソッド」です。

 

残像メンタルトレーニングを体験してみよう

← ここから松岡修造さんが描いた絵画と同じ残像を体験できます。(FLASH)
一度どんなものか、体験してみてください。

 

残像メンタルトレーニングとは?