残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

開発者 髙岸弘の紹介と挨拶

髙岸弘(たかぎし ひろむ) 髙岸弘(たかぎし ひろむ)
大阪市出身 一級建築士、画家、デザイナー、メンタルトレーナー。
株式会社 髙岸建築研究所 代表取締役、R/C/T髙岸応用科学研究所 代表。
「想像、創造」髙岸メンタルデッサン教室主幹。

1969年単独イタリアに渡り、ミラノ市の建築事務所、工学設計事務所等に勤めながら建築を学ぶ。
1975年イタリア ミラノ市で髙岸建築事務所(Studio Architettura Takagishi)開設。
1979年に帰国後、建築設計、インテリア設計、工業デザイン、グラフィックデザイン等の分野で活動する。
1990年に、住宅設計における人間の心の動きからヒントを得た独自のメンタルトレーニング゙技法
「R/C/T残像メンタルトレーニング」を現日本テニス協会GM小浦武志氏と共同開発。
以後プロテニス、高校野球、プロゴルフ、剣道等スポーツメンタルトレーニングの分野で実績を上げる。
2007年、R/C/T残像メンタルトレーニングの実績と効用を活用した「R/C/T目標設定メソッド」を開発しプロを目指す、またプロで活躍する選手に提供する。

■建築設計部門
人間の精神的要素が多分に影響する建築物、内装を中心に設計。
住宅、別荘、ホテル、各種トレーニングジム、礼拝堂、船舶、等

■メンタルトレーニング部門
このトレーニング技法は現在スポーツ界のみにとどまらず、学習界、ビジネス界、医療現場と広がりをみせその普及のため、出版及び講演、セミナー活動を続けている。
※ソフトテニスナショナルチームメンタルトレーナー ※日本プロトレーナー協会主任研究員
※国立東京医科歯科大学教養部補助講師 ※学校法人阪急学園理事。
またマネジメントワークとして、元プロテニスプレーヤー「松岡修造引退後五ヵ年計画」等も手がける。


 

ある団体のビジュアルCIマークを制作中、偶然発見した「残像」の効果と、住宅の設計過程における人の感情の変化に対応する時間と空間が及ぼす効果。
その二つの効果を、現日本テニス協会常務理事でありナショナルチームGMの小浦武志氏と共にスポーツの世界でメンタルトレーニングとして体系化したのが1994年の事。
それまでのメンタルトレーニングは外国の翻訳物が主流となり、日本人には理解しにくいまた難解なものとなっていたようです。
しかし私たちが体系化したメンタルトレーニングは非常に簡単なのです。
私たち日本人がもともと持っている基本的思考順序「平常心」「無心」「克己心」
言葉を変えて言うと「リラックス」「集中」「目的意識」このたった”三つ”をそれぞれ自分の意識上に置くことから始まります。

さて、今やスポーツの世界だけのものではなくなった「メンタルトレーニング」とはどう言う事をさすのでしょうか?簡単に説明しますと・・・・

ここ一番という時に、自分の持っている”力”を100%出し切れるようにする。
その為には、長年に渡って習得した「技術力」そして、十分に鍛えられた「体力」をここ一番!という時に最高の状態にもって行くが必要となります。
その技術力、体力を自在にコントロールするのは「脳」、
そう、メンタルトレーニングとは「脳」をトレーニングする事なのです。

ではこの三つの要素をどうすれば常時自分の持つ”力”を100%出し切る事が出来るのでしょうか。まず、自分に合った「目標」を強く持った上での事ですが・・

(1) いつでもどこででも「リラックス」出来る方法を、自分のものとする。
(2) いつでもどこででも「集中」出来る方法を自分のものとする。
(3) いつでも何処ででも自分の「目的、目標」を意識上に登らせておく。

この三つの要素を自分のものとする為、人間誰でも太陽などの光を見る事で体験した事のある「残像」と言う現象を使い、あなたの「目的や目標の達成」をスムーズに導きます。
この方法を使うことにより過度の緊張や、また雑念に振り回されると言った余計な事の入り込む余地は無くなり、常時自分の”力”を100%発揮出来るようになるのです。
それが私たちの啓蒙する「残像メンタルトレーニング」が持つ効用なのです。

いまやこの「残像」を活用したメンタルトレーニングは、スポーツで得た実績をふまえ、ビジネス界、教育(幼児教育)界へと広がりを見せています。

この今までに無かった新しいトレーニング方法、始めから疑問や不信感を持たず、まずやってみる事です。やって成果が出ないと思えばやめれば良いのですから。

このトレーニング方法を自分のものとし、間違いや、失敗、それにストレスなどの無い世界がどれほど素晴らしいものかを実感していただきながら夢のような自分の目標をスムーズに達成していただけること、心から願っています。

 

㈱髙岸建築研究所 R/C/T応用科学研究所 髙岸弘