残像メンタルトレーニングメソッド

残像メンタルトレーニングで
集中力を高め能力を最大限発揮する

カートの中 精算する

R/C/T 残像メンタルトレーニングの体験レポート

残像体験レポート4 トレーニングを長続きさせるには 

2009年10月15日

トレーニング、まだ続けてますよ縲怐B

残像が見える時間はそれほど目に見えて伸びた!というようなことはありません。
やっぱり同じくらいの時間です。
集中持続力は…ちょっと伸びたかな?

それでも効果を信じて継続、継続。

直接カードの効用とは関係ないのかもしれないのですが、私流のトレーニングを長続きさせるコツらしきものを。

第一に、「トレーニングする時間・タイミングを決めておく」。
「就業前に必ず」
「パソコンのスイッチを入れたら必ず」
「食事を終えたら必ず」
など、なんでもいいです。

「一日のうちいつでもいい」となると、どうしても「あとからでもいっかあ」という甘えが出てしまいます。
だから一日の流れの中で「習慣化・スケジュール化」してしまう。「儀式化」でもいいです(笑)
「なんだかこれをやらないと気持ち悪い、落ち着かない」となったらしめたもの。

第二に、「四の五の言わずにまずはカードを手に取れ」。

気が乗らなくても、せいぜいかかる時間は長くても10分弱。
手に取ってカードをケースから出し、まずは集中カードを見つめる。
そうしてしまえばあとは特に面倒なことはありません。
順にカード図柄と残像を見つめていきましょう。

第三に「カレンダーに印」。

一日一回だけでもトレーニングした日は、カレンダーに印をつけるなり、シールを貼るなりして、その日のノルマをこなしたことを記録します。

印は★でもマルでもいいですし、シールなら小さめのお好きなものを。

日に日に増えていく印をあとから眺めると、不思議と「これだけやってる!」という小さな達成感が湧いてきます。
個人的にはシールのほうがいいと思います。
いかにも「印として貼りました!」という感じが出ますので。

カードに付属しているステッカーの、5ミリ径くらいの出ないですかね? それを貼っておけば、まんま「残像トレーニングしました!」という印になりそうです。 小さすぎますよね…

付属しているシールはこんなのです。目につくところに貼っておくといいです。

ステッカー

第四に「自分にごほうび」。

これはカードでのトレーニングを終えたあとのことなのですが、集中しなければいけないはずの仕事中に、どうしても誘惑に負けてほかのことをしてしまいたくなったり、だらだらしてしまったりしそうになったとき。

「○○時間続けたら、○○してもよい」という、小さな目標を立てます。

ささやかなことでいいです。
「ネットで好きなページを見る」
「がまんしてたおやつを食べる」
「買おうかどうか迷ってたアレ、買ってもいい」
「ちょっとお昼ごはんを高級なものにする」
「○○さんを誘って遊びにいく約束をする」

…など。

集中力、これで持続!

「カードの効果とは関係ないじゃん!」…と思われるかもしれないですが、助けになることは確かです。
相乗効果狙いです。

続けられそうですか?